カテゴリー別アーカイブ: 投稿画面

wordpress投稿画面のカスタマイズに関係する記事です。
記事を執筆する上で微妙に痒い所に手が届かないwordpressの投稿画面を好みにカスタマイズしていきましょう。

wordpress記事投稿画面のカテゴリー一覧を開閉式にする

大量のカテゴリーを抱えているブログは多いと思います。記事投稿の時って大変ですよね。分かります。分かりますよ!!!!

というわけで投稿画面のカテゴリー一覧を開閉式にしちゃいましょう。まずはカテゴリー一覧部分をカスタマイズします。

今回の記事はこの記事の続きからとなります。→wordpress投稿画面のカテゴリーメタボックスを変更する » aoringo works

というわけでwordpressのカテゴリー一覧を開閉できるように頑張っていきましょう!

 

function start_el(&$output, $category, $depth, $args, $id = 0) {
extract($args);
if(empty($taxonomy))
$taxonomy = 'category';
if($taxonomy == 'category')
$name = 'post_category';
else
$name = 'tax_input[' . $taxonomy . ']';
//親カテゴリの時はチェックボックス表示しない
// print_r($category);
$cat_child = get_category_children($category->term_id);
$class = $category->parent == 0 ? ' class="category_parent"' : ' class="category_child"';
if($category->parent == 0) {
$class = ' class="category_parent"';
} elseif($cat_child !== "") {
$class = ' class="category_child"';
} else {
$class = null;
}
if($cat_child !== "") {
$output .= "n<li id='{$taxonomy}-{$category->term_id}'>" . "<span$class>" . esc_html(apply_filters('the_category', $category->name)) . "</span>";
} else {
$output .= "n<li id='{$taxonomy}-{$category->term_id}'$class>" . '<label class="selectit"><input value="' . $category->term_id . '" type="radio" name="' . $name . '[]" id="in-' . $taxonomy . '-' . $category->term_id . '"' . checked(in_array($category->term_id, $selected_cats), true, false) . disabled(empty($args['disabled']), false, false) . ' /> ' . esc_html(apply_filters('the_category', $category->name)) . '</label>';
}
}
}

ちゃちゃっとコードを見ていきましょう。前回からコードが少しだけ変わりました。まず、スライドをするためにカテゴリー名である「esc_html(apply_filters(‘the_category’, $category->name))」をspanタグで囲みます。

spanタグの中身である「$class」は親か子供がいるかで「class=hogehoge」が入るようになってます。

この時点ではまだこんな感じ。前回と見た目は変わりません。

<li id = 'category-4' ><span class="category_parent" > エンタメ</span ><ul class='children' >
<li id = 'category-293' ><label class="selectit" ><input value = "293" type = "radio" name = "post_category[]" id = "in-category-293" /> 音楽</label ></li >
<li id = 'category-3' ><span class="category_child" > 本</span > <ul class='children' >
<li id = 'category-14' ><label class="selectit" ><input value = "14" type = "radio" name = "post_category[]" id = "in-category-14" /> 書籍</label ></li >

ソースがしっかりと書き換わっているかどうか確認もしておきます。

次に、投稿画面にjavascript記述を追加し、jQueryによるスライド機能を追加します。

function post_output_css() {
$pt = get_post_type();
if($pt == 'post') { //投稿の場合はpost
?>
ul.children{ display :none; }

</style>
<script>
jQuery(document).ready(function () {
jQuery('#categorychecklist ul.children:has(input:checked)').css("display", "block");
//クリックイベント
jQuery('.category_parent,.category_child').click(function () {
jQuery(this).next('.children').stop(true, true).slideToggle();
});
</script>
<?php
}
}

add_action('admin_head', 'post_output_css');

span「category_parent」もしくは「category_child」がクリックされると、同じレベルにある次のulクラス「children」のカテゴリーが開閉します。この時ul.childrenはcssによりデフォルト非表示に。

そんなわけでこんな感じにコンパクトになりました! 素敵ですね。

wordpressの投稿画面ビジュアルエディター入力部分の高さを変更する

wordpressの投稿画面はどうにもちょっと小さいんですよね。画像やらプログラムコードを貼り付けると一気にその小ささに「うへぇ」とうめくことになります。

ここをドラッグすると大きく出来るのですけれど、プラグインの影響なのか知りませんが環境が保存されなくなったりして、また入力画面が小さくなるんですよ。

なので大きくしましょ。

function post_output_css() {
$pt = get_post_type();
if($pt == 'post') { //投稿の場合はpost
?>
<style type="text/css">
#wp-content-editor-container textarea, #wp-content-editor-container iframe{
min-height :1000px !important;
}
</style>
<?php
}
}

add_action('admin_head', 'post_output_css');

ポスト投稿画面にcss記述を追加し、ビジュアルエディターとテキストエディターに最低高さを設定しましょう。「!important」で強制させてます。

わーい。広々だ~。

wordpress投稿画面のカテゴリーメタボックスを変更する

wordpressのカテゴリー、上手に使えていますか?

大量のカテゴリーを抱えていると、これが中々どうして大変になってくるんですよね。というわけで修正していきましょう。

メタボックスの大きさを変更する

デフォルトのカテゴリーメタボックスはこんな感じですよね。

小さいです。スクロールバーが凄く狭くなっているのがわかります。新しい記事を投稿するたびに、ここからお目当てのカテゴリーを探すのが大変なんです!!!

function post_output_css() {
$pt = get_post_type();
if($pt == 'post') { //投稿の場合はpost
?>
<style type="text/css">
div#categorydiv{/*メタボックス自体*/
height:auto;/*の高さ指定を解除*/
}
div#category-all{/*カテゴリーのリスト*/
max-height:none;/*高さ上限を解除*/
height:auto;/*高さ指定を解除*/
}
</style>
<?php
}
}

add_action('admin_head', 'post_output_css');

というわけで、エディター画面にcss記述を追加してカテゴリーメタボックスをスクロール無しの全表示にしちゃいました。好みの長さがある場合は「div#category-all」のheightに数字を指定すればその長さになってくれますよ。

うわー快適ー。

親カテゴリを選択できなくする

私のブログでは親カテゴリを記事に設定しないようにしています。好みの問題でもありますけれども。

ただ、デフォルトだと親カテゴリも選択できちゃうんですよね。地味にうざったいのでここを変更しましょう。

参考したのはこちら→解決!WordPress投稿画面のカテゴリーをカスタマイズする方法 | 株式会社LIG

jqueryでむりやりとかもあるようですが、個人的にはこちらの方がカスタマイズしやすいのでこの方法をとりますよ。ただ、参考元のものをそのまま利用すると、一番親のカテゴリーのみボタンが非表示になります。

私としては子を持ってるカテゴリーを全てボタン非表示にしたいんですよね。

というわけでちょこっと改造。

class Danda_Category_Checklist extends Walker_Category_Checklist {

function start_el(&$output, $category, $depth, $args, $id = 0) {
extract($args);
if(empty($taxonomy))
$taxonomy = 'category';
if($taxonomy == 'category')
$name = 'post_category';
else
$name = 'tax_input[' . $taxonomy . ']';
$class = in_array($category->term_id, $popular_cats) ? ' class="popular-category"' : '';
//親カテゴリの時はチェックボックス表示しない
// print_r($category);
$cat_child = get_category_children($category->term_id);
if($cat_child !== "") {
$output .= "n<li id='{$taxonomy}-{$category->term_id}'$class>" . '<label class="selectit">' . esc_html(apply_filters('the_category', $category->name)) . '</label>';
} else {
$output .= "n<li id='{$taxonomy}-{$category->term_id}'$class>" . '<label class="selectit"><input value="' . $category->term_id . '" type="checkbox" name="' . $name . '[]" id="in-' . $taxonomy . '-' . $category->term_id . '"' . checked(in_array($category->term_id, $selected_cats), true, false) . disabled(empty($args['disabled']), false, false) . ' /> ' . esc_html(apply_filters('the_category', $category->name)) . '</label>';
}
}
}

「get_category_children($category->term_id)」にて子カテゴリーを取得して、もしも空なら(子カテゴリーが無ければ)ボタンを表示するようにします。

カテゴリー選択をラジオボタンに

さらに先程の参考元にならい、チェックボックスをラジオボタンに変更します。これによりカテゴリーの複数設定が回避できますね。

最終的なコードは下記になります。

class Danda_Category_Checklist extends Walker_Category_Checklist {

function start_el(&$output, $category, $depth, $args, $id = 0) {
extract($args);
if(empty($taxonomy))
$taxonomy = 'category';
if($taxonomy == 'category')
$name = 'post_category';
else
$name = 'tax_input[' . $taxonomy . ']';
$class = in_array($category->term_id, $popular_cats) ? ' class="popular-category"' : '';
//親カテゴリの時はチェックボックス表示しない
// print_r($category);
$cat_child = get_category_children($category->term_id);
if($cat_child !== "") {
$output .= "n<li id='{$taxonomy}-{$category->term_id}'$class>" . '<label class="selectit">' . esc_html(apply_filters('the_category', $category->name)) . '</label>';
} else {
$output .= "n<li id='{$taxonomy}-{$category->term_id}'$class>" . '<label class="selectit"><input value="' . $category->term_id . '" type="radio" name="' . $name . '[]" id="in-' . $taxonomy . '-' . $category->term_id . '"' . checked(in_array($category->term_id, $selected_cats), true, false) . disabled(empty($args['disabled']), false, false) . ' /> ' . esc_html(apply_filters('the_category', $category->name)) . '</label>';
}
}
}

これで快適に記事へとカテゴリー設定ができるようになりますね!

ついでに開閉式にしちゃいますか?→wordpress記事投稿画面のカテゴリー一覧を開閉式にする » aoringo works