タグ別アーカイブ: パーマリンク

wordpress現在のカテゴリーページのアドレス・パーマリンクを取得する方法

wordpressで現在のページを取得する、という関数は実はありません。フロントページならフロントページ、投稿なら投稿のパーマリンク取得関数を利用しないと行けません。

カテゴリーページのパーマリンクを取得するのに少し手間取ったのでメモっておきます。

カテゴリーページのパーマリンク取得

カテゴリーページのパーマリンクを取得するには「get_category_link」を使用します。

    $url     = get_category_link('cat_ID');

カテゴリーIDを指定する事でパーマリンクを取得することが出来ます。

カテゴリーページを表示中なら、グローバル変数の「$cat」にカテゴリーIDが収納されていると思うので、カテゴリーページで現在のパーマリンクを取得したい場合は、

  if(is_category()) {
    $url     = get_category_link($cat);
  }

とでもすればいいかと思います。

wordpressのアドレスからカテゴリ階層を除去するプラグイン「WP No Category Base」

WordPress › WP No Category Base « WordPress Plugins

アドレスの階層は少ない方が良いと良く言われます。特にカテゴリーは子、孫とどんとん階層を深くするとどこまでも深くなりますね。

私のサイトだと、「http://ao-works.net/category/trpg/kancolle-rpg/kan-howto」みたいなものがあったりします。この「WP No Category Base」では、アドレスにある「/category」を除去し、さらには「/category」付きのアドレスにアクセスすると、除去した方のアドレスへとリダイレクトしてくれる素敵仕様です。

導入はインストールして有効化するだけでOKです。

TRPG版艦これ、艦これRPGのハウツー≫aoringo works

きちんと「http://ao-works.net/trpg/kancolle-rpg/kan-howto」になっているのが確認出来ます。

category付きのアドレスに接続してみます。

リダイレクトされました!!

パーマリンクは英語か日本語か SEO的にどうなんだろうか

はいさい! ブログ運営頑張っておりますか。私は割と適当です。

さて、パーマリンクですよ。パーマリンク。

悩ましい問題です。日本語の方がユーザビリティが良いとか、英語の方が検索エンジンに好かれるとか、色々ありますよね。

ぶっちゃけ気にしてもしょうが無いのかも知れませんけれどね・・・。

検索エンジンに好まれるサイト

結局はユーザーから見て得になるサイトが上位に食い込みます。つまり私のブログみたいな誰のタメにもなら無いブログは論外って事ですね。

検索エンジンはページの内容を解析してインデックスしていきます。サイトの構造自体や、その新鮮度、更新頻度を重視します。アドレスに求められのはその永続性だけです。

アドレスについて色々と試行錯誤するよりも、タイトルやMeta Descriptionに拘る方がよっぽど効果的なのが実際の所のようです。

とはいえ、頑張ったところで私のブログはSEOやパーマリンクの話題はほぼ取り上げないので、この記事がグーグルさんとかに評価される事はほぼ無いでしょう☆

実際の所

実際、検索エンジンで適当な単語で検索してみるのが一番お手軽です。

色々なアドレスが見えますね。パーマリンク設定は本当にバラバラなのがよくわかります。

見ているとパンくずリストの方が効果的なように見えますね。今度ちゃんと設定しよう、パンくずリスト・・・。

私の所は数単語の英語にするようにしてます。自動翻訳に突っ込んでるのであまり意味は通じません。

最近作ってる花言葉のサイトでは、花の名前を日本語表記にしています。

アザレア(白)「あなたに愛されて幸せ 」「愛の喜び 」「節制」 – Suggestion of flower

まだそんなに記事数は無いですが少しずつ作っています。アドレスは「http://flower.ao-works.net/%E3%82%A2%E3%82%B6%E3%83%AC%E3%82%A2%EF%BC%88%E7%99%BD%EF%BC%89」というような感じですね。花の名前だけですね。花の名前だけなら短いし、これくらいなら英単語よりも日本語のほうが良いかな? くらいの気持ちです。

日本語ドメインはどうだろう

少し脱線。

日本語ドメインの方は少し事情が違うかもしれません。

というのも、googleが最近日本語のドメイン取得ページを最近作りました。

[browser-shot width=”450″ url=”http://xn--p8j9a0d9c9a.xn--q9jyb4c/index.html”]

特定キーワードによる検索上位を狙うなら、取ってみるのも手かもしれませんね。

 

wordpressのパーマリンクを自由に制御する

wordpressライフ楽しんでますか。おーいえー。

今回はパーマリンクについてです。

よくある形ですね。しかし、単純にタイトルをパーマリンクにするだけだけではなく、色々と自動で追加したい、という事があるかもしれませんね。たとえばタグとか、カテゴリとか。

そういう時には少し工夫しないと行けません。

function parm_rep($title) {
if($_POST['post_name'] == "") {

挟む処理

return $title; 
} return $title; }

add_filter('name_save_pre', 'parm_rep');

で、これがそのフィルターです。通常であれば、タイトルがそのままポストネームになりますが、この処理を挟む事で色々と付け加えたり削除したりする事が出来ます。「if($_POST[‘post_name’] == “”)」は、ポストネームが空なら、というif文です。既に設定されていた場合はスルーする感じですね。

function parm_rep($title) {
if($_POST['post_name'] == "") {
return "test"; 
} return $title; }

add_filter('name_save_pre', 'parm_rep');

例えばこうすると、ポストネームが未決定の場合、自動で「test」という文字列が入る、という処理になります。

私の場合はこれを利用してポストネームを英訳してパーマリンクにしたりしてますよ。

 

こんな感じです。先のフィルターを使って、処理でマイクロソフトの翻訳APIを通してパーマリンク化してます。実際便利。